ギフト.JP ホーム カートをみる  マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
〜3,000円
〜4,000円
〜5,000円
〜7,000円
〜10,000円
〜20,000円
〜30,000円
30,001円〜
包装紙
のし紙
挨拶状・メッセージカード
送料無料カタログギフト
割引きセールカタログギフト

弔事に関するマナー

ギフトマナー特集
結婚に関するギフトマナー出産に関するギフトマナー弔事に関するギフトマナー季節のご挨拶に関するギフトマナーその他に関するギフトマナー

遠方や出張中などの理由で葬儀に参列できないときは、香典とともに、弔電を打つよとよいでしょう。また、仕事関係者やその家族が亡くなった場合、担当者が葬儀に参列しても、会社の代表者名義で別途弔電を打つのが通例となっています。

弔電や香典を送った場合でも、可能なら、初七日過ぎたあたりで弔問に伺います。それまでは遺族も葬儀の後始末などで忙しく、訪問しては迷惑にあたる場合もあります。

表書きは「御霊前」とします。宗教に問わず使える表書きです。不幸を知って駆け付ける弔問の際には、持参しません。

通夜 に参列する時はその際に、出席しないなら告別式にと、初めて参列する儀式の時に直接持参します。地味な色のふくさか、慶弔両用の台つきふくさに包んで持ち歩くようにします。

受付があれば受付台に置きますが、祭壇に直接供える時は、焼香箱の横に、先方から文字が読める向きに差し出します。

遺族や近親者、世話役代表(葬儀委員長)、弔辞献呈者は正式の喪服を着ます。他の一般会葬者は略式の喪服で構いません。男性の場合の略式喪装は、ダークスーツに黒いネクタイを締めます。女性の略式喪装は、洋装は地味なデザインのスーツかワンピースが基本で、黒一色が理想です。

結婚指輪以外のアクセサリーははずしますが、真珠だけはつけてもよいことになっています。和装は色無地にも喪帯を合わせます。

宛名は喪主か、自分が知っている遺族の名、または「○○様御遺族」とします。文章は、「ご尊父様のご逝去を慎み、謹んでお悔やみを申し上げます。」「在りし日のお姿をしのび心よりご冥福をお祈りいたします。」などの定型文例を利用するのが一般的です。

ただ、文例そのままでは先方の心には残らないので、自分と故人の関係ならではのひと言がほしいものです。故人については喪主から見た続柄の敬称にします。

ページトップ

葬儀のあと7日目ごとに7回の忌日があり、このうち初七日、三十五日、四十九日が重要な忌日とされます。忌明けは、宗派により三十五日または四十九日とし、親戚、知人を招いて法要を営むのが普通です。

招かれたら忌明けまでは「御霊前」「御香料」等とし、忌明け後の法要は、「御仏前」「御香料」等と表書きして現金を包みます。品物を持参することは最近は少なくなりました。現金の額は香典の半額程度が普通のようです。水引は黒白・双銀・双白の結び切りで熨斗は付けません。地方によっては黄白の水引を用いるところもあります。

参列できない場合、金封にお詫びの手紙を添えて、当日に間に合うように送ります。一般の供物料へのお返しは、当日参会者に引出物を配ってこれに代えるのが普通です。よく選ばれるのはシーツやタオル、漆器、海苔などの実用的なものです。お菓子やお茶をつける場合もあります。

■法要の例

初七回忌 しょなのかき 6日目 葬儀当日に営んだ場合も、僧侶に読経を依頼し、内輪だけで供養。
二七日忌 ふたなのかき 13日目 僧侶には依頼せず、お供えをして遺族な
ど内輪だけで会食。
三七日忌 みなのかき 20日目
四七日忌 よなのかき 27日目
五七日忌 いつなのかき 34日目 -近親者を招き、僧侶に読経してもらい供養する場合も。
六七日忌 むなのかき 41日目
七七日忌
(四十九日)
しちしちにちき
しじゅうくにち
48日目 《準備》 日取りを決め、早めに僧侶に依頼。
会場、料理、引き物、案内状の手配。

《法要当日》 比較的盛大に寺院などで。
(浄土真宗以外では卒塔婆を用意)
納骨(しない場合もあります)
白木の位牌を菩提寺に納め、黒塗りの塗位牌を仏壇に安置。
百か日 ひゃっかにち 99日目 内輪だけで会食
一周忌 いっしゅうき 1年目 《準備》 日取りを決め、僧侶に依 頼。
会場、料理、引き物、案内状の手配。
《法要当日》 寺院などで。
(浄土真宗以外では卒塔婆を用意)
三回忌 さんかいき 2年目 三回忌以降は、亡くなった年を「一」と数え、その数字で、「○回忌」と呼ぶ。
特に三回忌、七回忌、十三回忌、二十三回忌、二十七回忌は節目の年なので、内輪で
会食を行う。

三十三回忌、または五十回忌を「弔い上げ」として、法要の最終年とすることが多い。

香典とは、文字どおり香の代わりに霊前に供えるものなので、本来はお礼のあいさつだけでいいのですが、四十九日の法要後、忌明けのあいさつ状とともに、香典のお返しをするのが通例になっています。

金額的には「半返し」といって、いただいた香典の半額が目安になります。しかし、香典額はさまざまですから、遂一半額の品を選ぶのは大変です。実際には、たとえば、2千円、5千円、1万円など2〜3種類の段階をつけて香典返しの品を選び、いただいた額の「半返しに近いものを送る方法を基本にすればよいでしょう。品物は、日常使いの食品や生活用品がよいでしょう。お茶、海苔、お菓子、タオルやシーツ、石鹸、ふろしきやふくさなどが用いられます。